天声手帳

話題のニュースや身近な事件で感じた事です

社会

クリスピー・ドーナツは危険

新宿サザンテラスにあるクリスピー・ドーナツ店は2006年の開店時、並ばなければ買えない有名店だった。それが最近並ぶ人がなく、いつでもすぐ買えると思っていたら、実はチェーン店が64から47店舗に激減しているという。健康志向が高まり、糖質、脂…

政治家はKY(空気読めない)が多すぎる

都知事選と内閣改造が終わり、政治の季節からリオ五輪、高校野球とスポーツの夏が始まる。責任の取り方や新しいポストへの抱負のコメントが報道されているが、最後のあるいは最初のコメントだけで、その人の考え方が反映され、的確なコメントの人、的外れな…

子供の未来にもっと投資を

川越の会社の会長が首相官邸を訪れ、政府が主導する「子供の未来応援基金」に4億円を寄付した。同族会社で子供たちが会社を継がないため、持ち株会社にし、余った資金を寄付したのだという。 また兵庫県の明石市ではまち全体で子供を支える施策を実施してい…

小池新都知事は期待できる

都知事選は政党の推薦を受けなかった小池百合子氏の圧勝に終わった。それも100万票以上の大差である。自民党都連は小池氏の応援をしたものは除名との厳しい処分で締め付けを図ったが、若狭議員のようにそれでも応援する議員はいた。終わってみれば処分な…

CPSとIOTの時代がくる

先日はソフトバンクの孫社長が英半導体設計大手アームホールディングスを3.3兆円で買収すると発表した。理由はIOT関連事業を強化するのが狙いと言われている。7月28日には三菱総合研究所と日立製作所、NTTデータが、経済産業省の2016年度「IoT推進…

日銀の追加緩和の効果

7月29日(金)に日銀は、金融政策決定会合で追加の金融緩和を決定した。マイナス金利は据え置き、上場投資信託ETFの買い入れを3.3兆円から6兆円に倍増させるという。これを受けて株価は一時300円値下がり、円高も102円台まで進んだ。この金…

「ポスト安倍」へ風雲急を告げる

7月31日の都知事選の話題で、あまり目立たないがその後の直近の政治人事日程が目白押しである。民進党の岡田代表は参院選で引責辞任と思ったが、9月の代表選まで引っ張りそうだ。都知事選で野党共闘の鳥越氏が敗れても知らん顔だろう。公明党の山口代表…

都知事選も終盤戦で泥沼化

都知事選が終盤に入り、小池氏がややリード、増田氏が続き、鳥越氏が3番手で追う展開だという。投票日まで残り少なくなり、各候補は最後の手段を繰り出したり、相手の弱点をつつきあったりと、手段を選ばない殴り合いの様相を呈してきた。

フィデューシャリー・デューティー(受託者責任)の時代が来た

金融庁は、「平成26事務年度金融モニタリング基本方針(監督・検査基本方針)」のなかで、初めて、フィデューシャリー・デューティーという新しい概念を導入した。今回の金融モニタリング基本方針では、「資産運用の担い手」を「フィデューシャリー」と呼び…

日本健康会議の取り組み

7月25日(月)に千代田区のよみうり大手町ホールで「日本健康会議2016」が開催された。大臣2名と商工会議所会頭、医療広域連合協議会会長などそうそうたるメンバーが集っている。夢のがん治療薬「オプジーボ」が開発されたが、1回の点滴治療に133万…

認知症とその対策

認知症の介護は大変である。多幸症で周囲に関心を示さず、いつもニコニコしているならいいが、うろうろして目が離せない、同じことを何度も言う、モノが亡くなると周りの人を疑う、大声を出す、汚物をため込む等になると24時間目が離せなくなる。

熟成食品がブームになる

NHK総合の日曜日8:25の番組「サキどり」で新鮮よりおいしい熟成食品の紹介をしていた。熟成肉はしばしば聞くが肉だけでなく、いろいろな食材に熟成の技術が応用され、やわらかくしたり、甘くしたり、うま味を引き出したりと高級食材化できるとあって…

追悼・大橋巨泉さん

作詞家の永六輔さんに続き、12日大橋巨泉さんが亡くなった。11PMの司会の時代から、我々世代には遊びの楽しさをそのままテレビに持ち込んでくれた、名司会者の印象が強い。その後もCMやクイズダービー、ゲバゲバ90分など、なつかしい番組とともに…

ポケモンGO狂騒曲がはじまる

AR(拡張現実)の技術を利用したスマホの新ゲームアプリ、「ポケモンGO」が日本に先がけ世界で販売され、話題になっている。ポケモンのキャラクター、位置情報、ARを利用し、現実の世界各地に出かけて架空のポケモンをつかまえて、各地にあるポイント…

ユニクロとしまむら

埼玉県のブランド、「しまむら」が好調との記事を見つけた。「しまむら」は我が家の近くにも、あちこちにあり最近行ってないので、今度シャツを買うときは「しまむら」に行ってみようかな。若い女性に人気とあるけど、おじさん、おじいさん向けの商品、期待…

歴史に残る全英オープン

今年の全英オープンゴルフはスエーデンのH・ステンソンと米国のサウスポーP・ミケルソンの世界最高レベルの激闘があり、深夜の決着までテレビを見てしまった。二人の戦いは3位以下の選手とは10打以上の差があり、まさにマッチレースだった。

天皇陛下が生前退位の意向を示す

参院選の結果が報道されている時に、突然天皇生前退位の意向のニュースが流れた。象徴としての役目を十分果たせる者が、天皇の位にあるべきだとの意見である。すでに皇后さま、皇太子さま、秋篠宮さまも受け入れ、天皇陛下は数年内の譲位を望まれているそう…

紆余曲折の都知事選がスタート

舛添知事の辞任による都知事選が紆余曲折の末、14日に告示がありやっと候補者が決まった。2020年にオリンピックを控えていることや、2代続けてお金の問題で短命に終わった知事への反省を含め、首都東京の知事選への関心は近年になく、注目度が高い。

英EU離脱は正しいのか

英国の株価がここに来て年初来最高値を記録している。ダイヤモンドオンラインでは経済的には合理的とか正しい選択だったと論調が変わって来た。EU各国や日本の状況はまだEU前に戻っていないが日本も参院選や都知事選が終わるころには、経済も元に戻りそ…

次の都知事は責任重大

都知事選の候補者が告示1週間前になってもまだ決まらない。自民党の小池百合子氏は自民党都連から推薦がなくても出馬するといい、都議会は増田寛也元総務相、民進党は長島昭久元防衛副大臣をかつぎ出そうとしている。誰がなっても、一埼玉県民には関係ない…

ダッカの飲食店でテロ事件

7月2日参議院選挙遊説合戦の真っ只中で、衝撃的な事件が伝えられた。バングラディッシュの首都ダッカの飲食店で立てこもり事件が発生、日本人が多数含まれていて犯人はIS過激派バングラ支部と名乗っているというものだった。今日になって人質20人が殺…

高島礼子さんは離婚すべきか否か

6月30日夫高知東生容疑者の覚せい剤事件を受けて、高島礼子さんが謝罪会見した。涙ながらも全く知らなかったとの正直な告白と、尿検査を受けたことも話した彼女に芸能界はおおむね同情、称賛の声である。花王のCM降板やドラマへの影響もないことがわか…

世界の異常気象が尋常でない

6月に入ってから日本でも九州の集中豪雨、関東の水不足と心配なニュースが続いているが、ちょっと調べたら世界の異常気象はそれどころではなかった。ニュースの日付と異常気象ぶりを見てみよう。

EU離脱その後

英国の国民投票でEU離脱が決定してから1週間がたった。経済の混乱から、これからの見通しまで、EU離脱問題はまだ毎日ニュースのトップである。正式離脱までは最低2年と言われているのに、今からその動向は目が離せない状況である。

リオ五輪の問題点

8月5日から21日まで、南米で初のリオ五輪が開催される。決定の時の石原都知事の残念そうな表情が印象的だった。そのリオ五輪が今、開催を危ぶまれる事態になっている。危ないと言われたワールドカップを乗り切ったので、五輪もと考えるがそう甘くないよ…

合区と18歳からの選挙権

7月10日の参議院選挙から新しい制度の合区と18歳以上の選挙権がはじまる。合区は裁判で違法とならないための数合わせ、18歳以上の選挙権は若い人たちに政治への関心を高めてもらうためである。今後の人口減に対応して、選挙制度の改革は頻繁に行われ…

高島礼子さんがかわいそう

高島礼子さんは落ち着いていて品もあり、最近は京都の歴史案内の番組にも出演しているので、私もテレビでときどきお目にかかっている。私の好きな女優の一人である。私生活ではイケメンでカッコいい男優の高知さんと、二人でライダー姿のショットを見たこと…

円安に導く方法

英国のEU離脱により、急速に円高が進んだ。EUを離脱すれば、関税がかかるので物価が上がり、景気が悪くなる。それでポンドが安くなり、世界不況まで考えると、安全資産と言われる金やドル、円を買う動きが出るそうである。対ポンドでの円高はわかるが、…

次はトランプ大統領誕生か

イギリスの国民投票はEU離脱に決定した。株価の下落、円高の進行は予想された展開だが、スコットランドの首相が独立を言い出したのは意外だった。一度否決されているのに。次はトランプ、クリントンの一騎打ちとなった米国の大統領選である。

タックスヘイブンを許さない

パナマ文書、タックスヘイブンといえば、今年の流行語にしてもいいくらい有名になった。しかし実際に企業や個人が違法のため、タックスヘイブンを止めた、税金をきちんと払うようになったという話は聞かない。大企業の脱税や富裕層の税金逃れを許していて、…

何を食べたらいいのかわからない

コンビニのおでんは絶対に食べてはいけない、との記事がビジネスジャーナルに掲載されている。うちはセブンのおでんが好きなので、冬場は夕食のおかずにときどき購入したことがある。具がずっと汁に浮いているのは添加物のためだという。

認知症はガンより怖い

昨年8月の介護保険制度の改正で施設の食費、居住費の補助(補足給付)を受けられる基準が厳しくなったため、月8万円の負担だった人が17万円にはねあがったと朝日新聞の記事に紹介されている。

舛添都知事の誤算

やっと辞任することになった舛添知事、今回の騒動はわかりやすかったのと、マスコミの詳報のおかげで、一般庶民まで都知事の生活ぶりや考え方が手にとるように理解できた。今はその後の総括や反省、次の都知事選に向けての動向に焦点が移っている。

フィンテックは金融革命か

IT技術と金融の融合であるフィンテックは銀行にとって黒船の来襲である。音楽配信サービスでCDショップが減ったり、アマゾンのECサービスで本屋が少なくなったりしたように、IT技術は本来業界以外の新規参入者の介入を容易にし、より便利なサービス…

ドローンは空の産業革命か

無人飛行機や子供の遊びから始まったドローンは産業への活用が始まり、政府の規制法も明確になって民間でも様々な取り組み、実験が行われるようになった。ニュースで取り上げたものだけでも、御嶽山での行方不明者捜索、北海道旭川での農業への活用、楽天や…

サービス産業の生産性向上は可能か

テレ東のWBSで、笑顔の可愛い大江キャスターが、サービス業の生産性向上について言及していた。大江キャスターの対策は?の質問に解説者は教育に課題があると力説していたが、それだけでは何故かわからない。安倍首相もGDPの押し上げにサービス業の問…

世界は動く・英国のEU離脱

6月23日に英国でEU離脱の是非を問う国民投票が行われる。英国では賛否両論が拮抗していて予断を許さない状況だそうだ。これは国会で決めるのではなく、国民投票によるのも英国らしいが、離脱による英国のメリット、ディメリットを勘案して決めることに…

アクティブラーニングは正しいのか

5月10日に馳浩文科相が「教育の強靭化に向けて」と題した文書を公表し、見解を示した。これは目指すべき次世代の教育の方向性を示したとして注目されている。 www.kyobun.co.jp 主な取り組みは学習指導要領の改訂と地域とともにある学校への転換の二つで…

東京人の生活と意識

日本総合研究所が2015年度アジア主要都市の「コンシューマインサイト比較調査」をまとめた。 「2015年度 アジア主要都市コンシューマインサイト比較調査」結果 高い消費意欲と独自の価値観とを併せ持つアジア主要12都市中間層生活者 アジア12都市の日…

都民じゃないけど舛添さんどうするの

6月6日舛添都知事が第三者の弁護士二人と記者会見をした。それまで公私混同についての釈明は一切なく、第三者の意見を伺って厳正に対処の一点張りだったので、どんな報告になるのかと注目されたが、不適切な案件があるが違法ではないと予想された回答に終…

地方創生は民間の手で

参院選が近づき、安倍内閣の政策が問われる時期になった。消費増税先送りとともに石破大臣が推進し、目玉の一つになっている地方創生について考えてみたい。

北海道男児保護

5月28日に父親に山林の中で置き去りにされて行方不明になった7歳男児が、一週間ぶりの6月3日陸上自衛隊の演習場で発見され、無事保護された。男児は直線で6km、歩けば10km以上と思われる山道を夜歩いて演習場の小屋にたどりつき、水だけで一週…

佐藤天彦新名人の誕生

山形県天童市で行われた将棋名人戦七番勝負の第5局で佐藤天彦八段が羽生善治名人に勝ち、4勝1敗で名人位を獲得した。将棋界待望の28歳の若手名人誕生の瞬間だった。敗れた羽生さんは王位、王座、棋聖の3冠に後退した。

消費増税の延期でもアベノミクス実現は無理

17年4月に予定されていた消費税率10%への引き上げは、安倍首相が内需を腰折れさせかねないとして東京オリンピック前の19年10月に延期された。首相は公約違反を認め、参院選の改選議席過半数獲得で信を問うとした。 headlines.yahoo.co.jp

こわい話3つ

何気なくネットをみていると、他愛ない話や有名人のゴシップ記事に交じって、とんでもない話にときどき出くわす。最後まで読んでも対策らしいことは書いてないのでぞっとしてしまう。

舛添都知事はもう限界

3月8日付で産経新聞が舛添都知事の「豪華すぎるパリ・ロンドン出張費」を掲載してから、週刊文春が都庁関係者の内部告発として、「公用車で湯河原通い」を徹底追及した。これに留まらずその後も公私混同は多出したため、舛添知事は記者会見し、第三者の調…

伊勢志摩サミットでわかったこと

巷のニュースは伊勢志摩サミット一色である。安倍首相の宣言を聞いても、きれいごとを並べた感じで何がどうなったか、成果はなんだったのか、いまいちよくわからない。オバマ米大統領の広島訪問の方がビッグイベントの扱いで、米国では謝罪するかしないかが…

医療費の高騰を考える

朝日新聞の経済気象台欄5・26付に医療費の高騰問題が取り上げられていた。このままでは国家の財政が破綻してしまうほどだという。健康保険の負担割合は69歳まで3割、70~74歳2割、75歳以上1割となっているが、所得が多いと70歳以上でも3割…

ベッキーの不倫

ベッキーの不倫が発覚してから、エンタメニュースにベッキーの記事が多くなった。芸能人はプラーベート情報をいじられるのも仕事のうちかもしれないが、多くは褒められるものではなく、一般常識からかけ離れていると非難される記事である。藤原紀香など梨園…

STAP細胞復活か?

ドイツの大学で、STAP現象の確認に成功したというビッグニュースが14日早朝、ネットのビジネスジャーナルに掲載された。小保方さんの研究が一部でも正しかったことになる。これが本当なら理研や早稲田大学は小保方さんの功績をほおむってしまったこと…